new-york-lasik

防音が役に立つのは静養の要る人も

学生時代の友だちがどうやら鬱になったようで、会社を辞めて自宅で療養する決心をしました。もう中堅社員としてしっかりした立場を持っていたので、突然退職するのには、本人もかなり抵抗があったようです。しかし家族の勧めもあり、将来のことを考えると、この際思い切った決心が必要だとわかったそうです。

日本海の見える町で賃貸を借りて住み始めたのですが、冬は厳しい自然の地方だけあって、風や雨の音はハンパじゃないみたいです。それが気になって夜に眠れないというので、今度は防音の効いた部屋を探すと話していました。まるで音楽家が練習室を探しているみたいです。

しばらく前に訪ねてみましたが、新しい部屋の中はしーんとしている感じでした。ここまで防音? それとも街そのものが静かな上にさらに防音? 

でもそのおかげで体調がよくなり、今は新しい仕事に向けてリハビリをしています。防音は楽器練習をする人やペットを飼う人のためだと思ってましたら、こういうケースにもありがたいんだな、と。

みんなのメンタルヘルス|厚生労働省