new-york-lasik

アパートとマンションと…

外国人の友だちは、わたしのマンションに来て「ステキなアパートね」と英語で言ってくれました。外国語には日本のようなアパートとマンションの違いがないことをわかってはいたのですが… 賃貸ではなく、けっこう高いお金で分譲を買ったので、ちょっとがっかり。

それで、片言の英語で、日本ではアパートというと…と説明することになりました。今年でしたか、最後に一棟残されていた日本初の近代アパート「同潤会アパート」が取り壊されました。関東大震災の後に建てられて、日本の近代化の象徴のように、昭和の高度経済成長の時代を住という側面から支え続けた建物でした。

あの頃はまだアパートという名称が、鉄筋コンクリートの集合住宅が最先端の都市部の住居模様とされていました。それがあまりにもいろいろな種類のアパートが建ち始めたので、マンションは高級、アパートは庶民的と差別化が始まったのでしょう。

高くても3階建てで、エレベータの設置が滅多にない木造や軽量鉄骨の建物を、今ではアパートと呼んでいるようです。今でも都市によっては、マンションより多いかも知れません。